エマーソン・フィッティパルディのレプリカ・レーシングスーツ 予約/受注発注 エマーソン・フィッティパルディ 1972,1974,1976 レプリカ・レーシングスーツ 3点セット

商品番号 2711AC190007
予約商品
予約販売価格 ¥ 1,250,000 +税:125,000

予約商品です。
お届け時期は目安です。前後する場合がございます。
予約商品は配達日を指定できません。

-
  • -
キャッシュレス5%還元対象
商品説明
サイズ・詳細
ご注意
■商品説明
エマーソン・フィッティパルディのレプリカ・レーシングスーツの3点セット。最初にF1ワールドチャンピオンを獲得したロータス(1972年)、2度目の王座に輝いたマクラーレン(1974年)、最後のチームとなったコパスカー(1976年)の3モデルがそれぞれフレームに入ったモデルが3点セットです。

・レプリカ レーシングスーツ 1972
JPSカラー初年度のロータスで初のF1ワールドチャンピオンに輝いた、1972年のレプリカ・レーシングスーツです 。1972年のロータスは、前年までゴールドリーフカラーだったマシンが、JPS(John Player Special)のスポンサーに変更となった最初の年です。この年、ロータス72Dをドライブしたエマーソン・フィッティパルディは、ティレルのジャッキー・スチュワートとタイトル争いを繰り広げ、12戦中5勝を挙げ、見事F1ワールドチャンピオンを獲得しました。

・レプリカ レーシングスーツ 1974
マクラーレンM23で2度目のチャンピオンに輝いた1974年のレプリカ・レーシングスーツです。前年、チームオーダー発令問題により、ロータスと決別。1974年は名門マクラーレンへ移籍。エマーソンはフェラーリのクレイ・レガッツォーニとチャンピオン争いを繰り広げました。両者同ポイントで迎えた最終戦、レガッツォーニがノーポイントで終わったことにより、エマーソンは2度目の王座を獲得しました。

・レプリカ レーシングスーツ 1976
1976年のコパスカー時代のレプリカ・レーシングスーツです。コパスカーは、エマーソン・フィッティパルディの兄、ウィルソンによって、1975年に立ち上げられたF1のコンストラクター。翌76年からはエマーソンが加入。マシンの戦闘力不足に悩まされながら、何度か入賞を果たす活躍を見せるも、エマーソンにとって最後のチームとなり、1980年にF1引退を決意します。

【仕様(商品詳細)】
■世界限定数:50セット
■アルミ額フレーム入り(重量:61.5kg × 3モデル)
■フレームサイズ:103cm × 80cm × 12cm
■シリアルナンバープレート付き
■OMP Racing SpA社発行、ホログラム証明書付き
■エマーソン・フィッティパルディ直筆サイン入り
■全額前金による受注生産
■(オーダー確定後より)ご納品までに約1か月半~2か月ほどお時間をいただきます。

【注意点】
ご注文を頂きましてからのメーカーへの発注となりますのでお届けまでにお時間を頂きます。
なお、受注発注となりますのでご注文後のキャンセル、および返品交換を不可とさせて頂きます。 決済方法はクレジットカード決済のみとさせて頂いております。
※限定生産品の為ご注文を頂きましてもメーカーに在庫がございません場合はキャンセルとさせていただきますことをあらかじめご了承下さい。

※輸入品の都合上、入荷時期が大幅に遅れることがございますことを併せてご了承下さい。(入荷時期が大幅に変わります場合は、別途ご連絡をさせて頂きます。)